20年ぶりのタイ・カンボジア旅行

すみません。
いつも事後報告になってしまうのですが、約1週間ほどタイとカンボジアに家族旅行に出かけていました。
本当は、今ここにいます!
みたいにツイッターなどで旅行過程を呟きたいのですが・・・
海外旅行ともなると、今家は不在ですよ~ゆっくり泥棒にお入りくださいと言っているように感じてしまい、進行中のプロジェクトの関係者のみにしか伝えずに出かけています。
不在時にご連絡いただいたりして思わぬ心配や迷惑をおかけしていたら申し訳ありませんでした。

タイカンボジア旅行

さて、今回の旅の目的ですが、基本的には家族旅行ですが少しだけ建築要素を盛り込んでいます。
その一つがこのカンボジアの水上都市(フエローティングビレッジ)です。
実際には水に浮いているわけではありませんが、東南アジア最大の湖であるトンレサップ湖にある集落で、乾季と雨季の水量の違いから家屋を守るための構造で、やぐらの様な軸組の上に家が建っているのです。

タイカンボジア旅行

最近、旅番組でよく見かけるようになりましたが、行ってみたかった街並みの一つ。
今回は家族が遺跡ばかりだと疲れてしまうという事で急遽旅程に盛り込みましたがとても興味深い体験でした。

タイカンボジア旅行

個人でも行くこともできるのですが、現地ツアーを申し込むのが得策。
安くて安全です。
追加のお金を払って小舟でマングローブの森の探索もできました。
これはお勧めです!

タイカンボジア旅行

もちろん、アンコールワット遺跡にも行きました。
遺跡は絞ってあまり回りませんでしたが、約20年ぶりに訪れた遺跡はまた新鮮な体験でした。

タイカンボジア旅行

順番が前後しますが、タイではパタヤとバンコクを観光。
それぞれ滞在日数は少なかったのですが、このサンクチュアリ・オブ・トゥルースが実に素晴らしかったです。
タイのサグラダ・ファミリアとも呼ばれるこの寺院は、まさに作りかけ。
木造の仏像が屋根や外壁に取りつきとても異質な雰囲気をただよわせています。

これも期待以上の建物で、これまで5~6回ほどタイを訪れましたが今までこの寺院に足を運んだことが無かったのがとても残念でなりません。
20年前はどこまで作られていたのか?
その経過を体感する事が出来なかったのはもったいなかったですね。

タイカンボジア旅行

バンコクでは、王道のワット・アルン、ワット・ポー、ワット・プラケオとカオサンストリートへ。
やはり、昔ほど街にエネルギーがなくなったような印象を受けました。
その感想は自分が旅行慣れしたからなのか?
それとも経済発展とともに魅力が半減してしまったのか?

もちろん、新たな魅力もあって旅行するのに楽しい国には違いないですよ。
旅の詳細はまた別途旅行ブログの方にアップしたいと思います。

AkatukiDesign一級建築士事務所主催
ライフスタイルをデザインするをモットーに主に設計監理を行っています
北欧モダン、和風モダンの住まいを中心に家事楽な家、子育てを愉しむ家造りをモットーに設計をしています
建築家の作品を作るのでなくお施主様の夢の実現のため全力で取り組みます!

詳しい建築家のプロフィールはこちらから

関連記事

  1. 模型の車
  2. 雪かき
  3. 復興支援
  4. 八景島シーパラダイス
  5. 仮想通貨

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


猫検索

Works

  1. Akatukihouse子世帯
  2. 飛び出す招待状
  3. 大谷石の飾り壁
  4. ダイニング
  5. 寝室と一体の階段室
  6. 和モダンなリビング

最近の記事

  1. 東洋のガウディ
  2. タイカンボジア旅行
  3. キャットハウス竣工写真
  4. 復興支援

Topic

  1. 家族に寄り添う猫
  2. 古材の羽目板
  3. 家パネル検討
  4. ポカポカ猫
  5. キャットハウス竣工写真

Akatuki Design Pictures

子育てを愉しむ登り棒 照明が特徴的なリビング 介護を考えた洗面所 おかえり玄関 アンティーク扉と家具 インテリアと調和した住まい 寝室の借景 大谷石のピクチャーウォール 書斎とリビング 北向きの明るいリビング すっきりとした階段 家族共有のライブラリー アンティークな木製扉 北欧モダンなダイニング 和モダンなリビング ガラス張りの浴室 北欧アンティークの書斎 木の玄関ドア 北欧風洗面化粧台

PAGE TOP