遂にプラン決定~猫の為の家造り・キッズ&キャットルーム

プランの方向性を決定

自宅の子供部屋を猫と娘の為にリフォームする計画も遂に大詰め。
プランの方向性を決定しました。

猫の為の家造りスケッチ

嫁さんのOKをもらったのはこちらの案。
キャットツリーはなくなり大分シンプルになりました。
子供が大きくなってもあまり飽きがこない様にとの事で、ツリーハウスというよりはシンプルモダンな別荘のイメージですかね?
家状の仕切りの裏は二段式ベットで、キャットテラスがつきます。

このキャットテラスには爪とぎ柱を伝って登れるようにしたいと考えています。
下段はディスプレイ収納で、部分的にキャットツリーの様な使われ方ができるようにデザインします。
(スケッチではまだ練られていません)

そして、ベットの下は姫スペース。
子供の隠れ家的空間で、少しファンシーにデコレーション予定。
ふわふわのカーテンやビビッドなクッション、ラグなどを設えたいと考えています。

キャットテラス
後はデスク側にはキャットウォークを兼ねた収納を造る予定。
収納部はかなりシンプルになる可能性が高いです。

細かいところでイロイロな仕掛けを考えているのでそれはまた次回きちんと絵にしてからお伝えしたいと思います。

名残惜しいボツ案

猫の為の家造りスケッチ

実は、私的にはこちらのスーパーお姫様プランを推したかったのですが・・・
これはやりすぎと却下(笑)
城部分は取り換え可能で、高学年になったら普通の家のデザインに作り直す予定だったんですけどね。
猫窓から飛び出たり、はしごやハンモックなどを吊るしてみたかったんですけどね。

そして、メインのバラ窓?にもデッキをつけたり、塔には時計をつけたいなぁなんていろいろ頭の中でゴニョゴニョ考えていたんですが、幻の案となってしまいました。
残念ですね。

その他の案はここに紹介したもの以外にも仕事の合間に考えたのですが、
実際の部屋の寸法に合わせてきちんとパース技法で絵をおこしてみるといまいちな点があったり、時間がたつと自分の考えもまとまってきて大分洗練されたと思っています。

キャットツリー案も作ってみたかったんですけどね。
住宅展示場や、猫カフェの様に生活環境が変わらない空間のディスプレイなら良いのですが、やはり子供と猫の成長を考えると少し現実的な案へと落ち着いていきました。

とはいえ、一般的な住宅の子供部屋のデザインとしてはまだまだやりすぎな感じではないかなと思っています。
心配なのは、前回のblogにも書きましたが子供部屋を気に入りすぎて1階のリビングに出てきてもらえなくなること。
建築家としては気に入ってもらえると嬉しいのですが、親としては子供部屋は寝る時だけ入るぐらいが具合が良いんですよね。
この相反する気持ちはなかなか厄介ですね(笑)

AkatukiDesign一級建築士事務所主催
ライフスタイルをデザインするをモットーに主に設計監理を行っています
北欧モダン、和風モダンの住まいを中心に家事楽な家、子育てを愉しむ家造りをモットーに設計をしています
建築家の作品を作るのでなくお施主様の夢の実現のため全力で取り組みます!

詳しい建築家のプロフィールはこちらから

関連記事

  1. 家族に寄り添う猫
  2. スケッチと猫
  3. キャットツリーイメージ
  4. ロシアンブルーと丸穴
  5. キャットツリー
  6. 猫ハウスクロス検討

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


猫検索

Works

  1. 飛び出す招待状
  2. 書斎リビング
  3. Akatukihouse子世帯
  4. 大谷石の飾り壁
  5. 寝室と一体の階段室
  6. Akatukihouse外構

最近の記事

  1. 集合住宅イメージ
  2. 猫ふんじゃった
  3. 東京オリンピック
  4. アパートイメージ
  5. クラフトレーベル

Topic

  1. 庭を眺めている猫
  2. 猫ハンモック
  3. ロシアンブルーと丸穴
  4. 猫の為の家造りスケッチ
  5. キャットハウスと子供

Akatuki Design Pictures

照明が特徴的なリビング書斎とリビングアンティーク扉と家具介護を考えた洗面所おかえり玄関子育てを愉しむ登り棒北向きの明るいリビングアンティークな木製扉家族共有のライブラリーガラス張りの浴室すっきりとした階段木の玄関ドアインテリアと調和した住まい北欧アンティークの書斎寝室の借景北欧風洗面化粧台大谷石のピクチャーウォール北欧モダンなダイニング和モダンなリビング

PAGE TOP