北向きリビングで借景と開放感抜群のMaple House

北向きリビングで借景と開放感抜群のMaple House

建築概要

神奈川県緑区に建つ北向き借景住宅
銀杏並木沿いの3階建て住宅・北リビングで明るい吹抜けが特徴

諸データ

建設地: 神奈川県緑区
工事種別: 新築
敷地面積: 105.48㎡
1.st: 61.90㎡
2.nd: 53.61㎡
3.rd: 36.82㎡
Total: 134.31㎡
建蔽率: 57.10%<60%
容積率: 127.33%<160%
用途地域: 第二種中高層住居専用
構造: 木造SE工法3階建
断熱: 充填断熱工法
※次世代省エネ基準
防火: 準耐火構造
その他: 長期優良住宅普及促進事業
建設費: 3000万円代

一階平面図

MapleHouse1階平面図

二階平面図

MapleHouse2階平面図

三階平面図

MapleHouse3階平面図

模型

MapleHouse模型

Portfolio / 竣工写真ピックアップ

 

Concept / コンセプト

新築の相談を受けた際には南向きの庭、明るいリビングが欲しいとのことでした。
敷地は魅力的な銀杏並木に面した土地であったのですが、その銀杏並木は北側にあり、周囲の建物もみな銀杏並木を背にして建てられているような環境でした。
私は、お施主さんの要望を盛り込んだ案を考えながらも、この土地だからこそこう暮らしてほしいという提案型の案として北向きのリビングの案を勧めさせていただき実現しました。

こういったケースの難しいのは初めから全力で北向き案を作ってお施主さんの意見を否定しない事です。
自分の直感を信じつつも、与えられた条件の中で最善の案を考えながら、別の魅力も語っていく事だと思います。

「南向きの庭」という直接的な要望はかなえる事が出来ませんでしたが、「南向きの庭」「明るいリビング」の意図をくみ取ってより魅力的なプランが出来たと思います。

※ちなみにMapleHouseのメープルは銀杏(ginkgo)と楓(maple)を勘違いしたわけではないですよ~

Idea&Detail / 家造りのアイデア・設計のポイント

北向きリビング

MapleHouseリビング
この建物の目玉である北向きリビングです。
ご覧の通り、北向きでも充分な明るさが確保できているのが写真からでもわかると思います。
中央分離帯のある広い道路の為、銀杏並木越しの抜け感も抜群でとても開放感のあるリビングとなりました。

MapleHouseリビング

北向きリビングの最大の利点は、借景の木々が順光となる事です。
順光とはカメラの用語で被写体に対し、カメラの背後から光が当たる事で自然な明るさの写真が撮れる状況です。
この場合、リビングから眺めた借景は明るく照らされた”正面”の緑を眺める事が出来、最高の借景条件となるのです。
一般的には南向きのバルコニー、リビングが明るく快適性の指標となりがちですが、充分な光を得られる状況では北向きのリビングの方が環境に適している場合があるのです。

本物件では南向きのサービスバルコニーを設け、機能を分散する事にして南向きバルコニーの利点も得たプランとなっています。

MapleHouseリビング

リビングは2階に設け、周囲の視線もほぼ気にならないのでテラスの活用も積極的に行えます。
広いリビングがさらに広く感じますよね。
とにかくこの借景をお施主様にお届けしたかった。
それが、見事叶い、お施主さんも喜んでいただけました。

こういった、この土地だからこそのプランニングはとても重要です。
キチンと私の提案に耳を傾け実現させていただいたお施主様に感謝ですね。

家事楽な洗面化粧台

MapleHouse洗面洗面台は得意の家事楽プランで、洗濯、仮掛け、干すから畳むしまうといった動作を考えた構成と仕掛けがあります。


※編集作業中です
情報をこれから追加する予定ですので再度訪問していただけたら幸いです

AkatukiDesign一級建築士事務所主催
ライフスタイルをデザインするをモットーに主に設計監理を行っています
北欧モダン、和風モダンの住まいを中心に家事楽な家、子育てを愉しむ家造りをモットーに設計をしています
建築家の作品を作るのでなくお施主様の夢の実現のため全力で取り組みます!

詳しい建築家のプロフィールはこちらから

PAGE TOP