キャットハウスの家パネル施工~娘と一緒に下見張り外壁施工

施工前の養生が大切

実際はもう工事が完了しているのですが、途中経過をUPする余裕がなかったので、少し遅れての記事報告となります。

キャットハウス外壁施工

キャットハウスの窓の施工予定日が決まり、お尻を叩かれるような思いで家パネルの施工に取り掛かりました。
まずは、汚れない様に養生用のテープを貼って準備をします。

家パネルの下見張り風フロアタイルを施工

キャットハウス外壁施工

娘にも手伝いを何かさせたかったので、パネルのガイドとなる線を引いてもらう事に。
ちょっとしたことですが、少しでも自分で工事に携わる事で愛着を持ってもらえたらという思いからです。

下見張り施工

本当はカッターで切る作業をお願いできたらよかったのですが、カッターをほとんど使ったことがないのでお手伝いさせるのは諦め、自分で切る事に。

下見張り施工

でも、この作業実は簡単なんです。
カッターでスーッと傷をつけると簡単にパキッと折れるんです。

下見張り施工

そのまま、折って二つにすることができるのですが、汚くなってしまうので裏に返してもう一度カッターで軽く切れ目を入れると綺麗に切る事が出来ます。
無理に片側から力業で切ろうとするととても大変で危険な作業ですが、実はコツがあるんですよね。

下見張り施工

しかし、本当は家具屋さんの工場で平らな状態で張るつもりだったんですが、手順が変わって現場で張ることになってしまったのが大変な作業の始まりでした。
隠し釘など事前準備が足りなかったのもあるのですが。。。
本来床に貼るためのものを壁に貼るので、ボンドのヘラ等が使い辛いのと、当たり前の話なのですが重力でズルズルとずれてしまったりと、その場で対策を考えながらなんとか貼る事が出来ました。

下見張り施工

もちろん、塩ビタイルの施工など初めての経験。
徐々にコツを覚えてうまく貼れるようになってきましたが、その分初めに施工した部分の粗さが気になってきます(笑)

下見張り施工

この家パネルの存在はさんざん悩んだのですが、塩ビタイルにしてよかったです。
こうやってボンドを垂らしてしまってもさっと拭けば元通り。

下見張り施工

3時間ほどかけてここまで施工出来ました。
ボンドもオープンタイムといって塗ってから10~40分放置してから貼るとあまりズレないんですよね。
始めにボンドを塗ってから、切る作業を行うとちょうどよい具合でした。

下見張り施工

始めにボンドを塗る関係上、斜めの部分を予めCUTするのが難しいので、貼ってから切る事に。
(少しづつラップさせるので大きさを予め把握しづらいので)
翌日このように定規を当て、カッターで切れ目を入れます。
これは本当に塩ビタイルで良かったところ。
簡単にカット出来ました。

キャットハウス外壁施工

姫も首を長くしてまっています。
さて、その出来上がりは・・・

下見張り施工

こんな感じ。
大分雰囲気が変わりました!

これに窓がつけば完成です。
まぁ、もうついているんですが。。。
blogでは次回報告しま~す

関連記事

  1. トマト素材グリーン
  2. 家パネル検討
  3. 猫ディスコ
  4. キャットツリー
  5. 古材の羽目板
  6. トイレディスコ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


猫検索

Works

  1. 登り棒
  2. Akatukihouse子世帯
  3. 寝室と一体の階段室
  4. アンティークな木製ドア
  5. 資産価値を高めるリフォーム
  6. 黒板塗装の壁

最近の記事

  1. キャットハウス使用例
  2. 喪中はがき2019
  3. 集合住宅イメージ
  4. 猫ふんじゃった
  5. 東京オリンピック

Topic

  1. 猫の為の家造りスケッチ
  2. レンジフード猫
  3. ロシアンブルーと丸穴
  4. 庭を眺めている猫
  5. 古材の羽目板

Akatuki Design Pictures

書斎とリビングアンティークな木製扉照明が特徴的なリビングすっきりとした階段寝室の借景和モダンなリビングおかえり玄関北欧アンティークの書斎北欧モダンなダイニング家族共有のライブラリー大谷石のピクチャーウォールアンティーク扉と家具ガラス張りの浴室介護を考えた洗面所北向きの明るいリビング子育てを愉しむ登り棒木の玄関ドアインテリアと調和した住まい北欧風洗面化粧台

PAGE TOP